兜の買取店を賢く選ぶ方法

骨董品の種類となる兜

時代劇に戦いに出る侍が身に着けるものとして知られているのが「兜」です。
家に代々伝わる兜を床の間に飾っているところもあるでしょう。
兜を売る場合、どのようなお店にもっていけば良いのか悩むと思います。
ブランド品や洋服といった買取で多い品物は街中にある大手の買取店にもっていくでしょう。
しかし、兜は普通の買取品とは少し違っています。
兜は“骨董品”の種類になります。
骨董品は古いアンティーク類や壷、茶道具など挙げられますが、兜も骨董品として扱われます。
よって骨董品を売る場合、大手の買取店よりも主に骨董品の買取を行っているお店をお勧めします。
骨董品の買取をしているお店は探すと人が多く集まっている都市や地域にいくつか存在しています。
骨董品を専門に扱っているお店の方が武具、兜に対して知識や買取実績もあるのでより適切な買取価格を提示してくれるでしょう。
兜の買取店選び方のポイントについていくつかお伝えしていきたいと思います。

古くから経営している専門店

インターネットが普及している今の世の中、パソコンや携帯電話、スマートフォンで検索すればすふに骨董品の買取を行っている専門店がたくさん出てきます。
その中から安心できるお店を選ぶためにも「古くから経営しているお店」をピックアップしていってください。
何年から営業しているのかホームページにはしっかり記載されています。
まだ3年しか経っていないお店よりも数十年骨董品を取り扱っているお店の方が買取実績も経験も豊富です。
経験が豊富であるお店ほど骨董品に関しての知識や情報が詰まっており、しっかり兜を査定してくれます。
本当に価値のあるものはそれなりに高い値段で買い取ってくれますし、あまり価値がないものは適正な値段で買い取ってくれます。
買取価格をごまかすということが決してないので、信頼性のあるお店は古くから経営しているお店になるのです。

鑑定士のスキルが高いお店

悪徳業者も増えてきている中、兜を適当な査定をして適当な買取価格をつける鑑定士もいます。
お店の評判が悪いところは鑑定士の対応も悪く、技術も鑑定するための知識もありません。
鑑定士のスキルは買取においてとても大事なポイントとなってきます。
兜を鑑定してくれる人のスキルがなければ本当に価値のある兜が安い値段で取引をしてしまうことになります。
後悔しても取引が成立するともうキャンセルすることはできないので注意しておかなければなりません。
鑑定士のスキルが高いお店=評判の良いお店、兜のような骨董品の買取を行っているお店です。
インターネットで調べると評判の悪いお店は必ず何かしらのコメントが記載されています。
また、多彩なジャンルを取り扱っているお店よりも骨董品のみ取り扱っているお店の方が鑑定士のスキルは高いです。
実際にお店に行って鑑定の様子をみて判断するのも良いでしょう。

質問に丁寧に答えてくれるお店

鑑定をして、買取価格を提示してきたときにお客側でも何かしら疑問やどのようなところがこの買取価格の決め手になっているのか気になると思います。
そこで質問をして丁寧に細かく教えてくれる鑑定士がいるお店は良いお店です。
「ここがこのようになっているため買取価格に多少ひびいています」「これが良いポイントになっています」などより細かい受け答えをしてくれるお店ほど安心して任せられるのではないのでしょうか。
ここで、適当に受け流してしまったり、答えてくれないような鑑定士がいるお店はお勧めできます。
悪徳業者はこのような傾向が強いので鑑定士の対応が悪いお店は選ばないようにしておきましょう。

兜買取.comのTOPへ

Menu

HOME

 TOP