兜の買取で知っておくべき3つの注意点

何か物を売りたいとき、リサイクルショップや中古品店など買い取ってくれるお店は全国にたくさん存在しており、インターネットが普及されたことによってインターネット上のオークションなど気軽に利用することができるようになりました。
骨董品の一部である兜の買取を行っているお店といえば、そのようなお店ではなく骨董品店や多数のジャンル買取を行っている大手買取店となるでしょう。
買取店にもっていけば大丈夫!と思いがちですが、買取店でもさまざまな注意事項があります。
注意点について必ず把握した上で買取店に持っていきましょう。
注意点を知らないまま査定してもらっても後でトラブルになったり、確認しておけばよかったと後悔するケースも増えてきています。
兜の買取で注意すべきことは次の通りです。

1.買取にかかる手数料について

さまざまな骨董品店がありますが、鑑定してもらうためには鑑定料という手数料がかかってしまうお店もあります。
できるだけ鑑定にかかる費用を抑えたいという方は鑑定料が無料となっているお店を選びましょう。
そしてもっとも注意してほしいところがあります。
それは、たとえ提示された査定価格に納得がいかず、取引しなくても鑑定料がかかってしまうことです。
お店によっては鑑定料だけでなくキャンセル料がかかってしまうところもあります。
査定に出して取引をしないのに鑑定料+キャンセル料の2つの手数料を支払わなければならないとなると損をした気分になります。
もう二度と買取店を利用したくないと思うかもしれません。
損をしないためにも買取にかかる手数料に関しては十分に気をつけてください。

2.宅配買取の注意点

兜を宅配買取で買取をしてもらう人もいますが、宅配買取の場合は特に注意しておかなければならないことがたくさんあります。
宅配業者を利用して荷物を買取店にまで届けることになります。
宅配業者によっては扱いが雑な人が担当することもあるので荷物を運んでいる最中に兜が壊れて傷ついてしまうことがあります。
つまり“荷物事故”です。
荷物事故にあった場合は買取店も宅配業者も責任を負ってくれませんのでどうしようもありません。
買取業者に到着した時点で壊れてしまっていると買取査定にも大きな差を生み出してしまいます。
だいぶ価格が下がってしまうので宅配買取を利用する場合はそれなりに覚悟をもって利用しなければならないでしょう。
また、ここでも手数料が関係してきます。
宅配買取で取引をキャンセルした場合、送り返すための送料が自己負担となる場合があります。
自己負担か買取店が負担してくれるかどうか事前に確認してください。
ちゃんとしたお店はしっかり送り返してくれますが、対応が悪いお店はちゃんと送り返してこないところもあります。
兜は普通の品物よりも高価なものとなるのでできれば宅配買取よりも直接お店にもっていって査定をしてもらった方が安心して査定に出すことができるでしょう。

3.必要な書類を準備する

兜を買取店にもっていく前の注意点として“必要な書類を準備しておくこと”が挙げられます。
必要な書類とは「身分証明書」です。
本人確認できる書類をもっていなければ買取を行うことはできませんので注意してください。
また、兜は「鑑定書」が非常に重要となってきます。
鑑定書がなければ本物の兜として認めてくれないお店が結構多いので鑑定書はもっていかなければなりません。
身分証明書と鑑定書は兜の買取において必要不可欠な書類となります。
慌てることのないようにあらかじめ準備しておきましょう。

Menu

HOME

 TOP