人気有名武将の兜 西日本編

◆子供から大人まで愛される戦国武将・大名の兜は?西日本編
五月人形にも用いられる戦国大名が愛用されてきた兜たち。
現在NHK大河で放送されている黒田官兵衛やその息子黒田長政など全国に名だたる戦国武将・大名は数多くいますが、西日本の武将の中で、現在子供から大人まで愛されている戦国武将・大名の兜はどんなものがあるのでしょうか。
色々調べていく中で、特に人気の高い戦国武将・大名の兜について触れていきます。
きっと人気・需要が高いほど買取相場などにも反映されていくと思いますので、予備知識として参考にしてみてくださいね。

◆人気1位:織田信長
戦国武将・大名といえば、誰もがその名を連想してしまうほど有名な武将である織田信長が兜でも西日本人気NO1となっているようです。
名古屋城のマスコットでもある鯱を連想させてくれる様な前立周りのデザインに中央にあしらった織田家の伝統的な家紋をあしらった前立は魔王とまで恐れられた織田信長のオーラを全身に纏っているとも言える風格を感じさせてくれます。
ある意味最も格好いい貫禄のある兜と言えるでしょうね。

◆人気2位:豊臣秀吉
猿という別名を持ち、織田信長の家臣としてだけでなく後の大名として、語り継がれるようになった豊臣秀吉の兜が人気NO2となっています。
そのフォルムは太閤秀吉といえるようなきらびやかで華やかな兜で太陽の光を連想させるような放射線状の突起物が兜全体に飾り付けられていて、一発で秀吉の兜と思えるような人間性を象徴していると言えるデザインの甲です。
この兜をかぶると、思わず明るくなってしまいそうなフォルムが人気の秘訣なのでしょうね。

◆人気3位:蒲生氏郷
戦国武将蒲生氏郷の兜が西日本の武将で人気の高い兜として定着しているようですね。
普通、兜の飾りといえば、武将の事をアピールするためにド派手に黄金色で飾るものですが、蒲生氏郷の兜はそれらしきものが無く、かなり変わったフォルムの兜ですね。
つばめを象徴している、大きく鋭い羽のような出で立ちのファルムが、スター・ウォーズのダースベーダーなどを印象づけ、特に子どもたちに格好良さを与え人気の証となっているのでしょうね。
かなり変わったフォルムの兜ですが、その分希少価値も高そうです。

◆人気4位:徳川家康
江戸幕府を築いた日本でも有名な戦国武将徳川家康の兜が現在でも人気の高い兜としてファンの間で定着しているようですね。
正式名称は◆黒漆塗大黒頭巾形兜と言うそうで、黒塗りの兜に歯朶をかたどった前立が風格があり多くのファンに人気となっているようです。
もちろん徳川家康というネームバリューも有りますが、子孫繁栄を願った意味合いもファンの心を掴んでいるのではないかと思いますよ。

◆人気5位:本多忠勝
徳川家康の側近という意味合いの強い役割にいた戦国武将の一人本多忠勝の兜が多くのファンから人気の高い兜として認められているようです。
徳川家臣の中でも勇猛な戦国武将として知られる本多忠勝を象徴とするような、漆黒の鹿の角をあしらった前立をつけたフォルムの兜であり、その風貌から力強さや格好良さを感じさせられ、多くの方達が魅了されているようですね。
パワフル感あふれる本多忠勝らしい兜ですし、このような力強さに引き込まれるファン心理もなんとなく分かるような気がします。
その他黒田長政の兜など、西日本の武将の兜についても、多くの子どもたちや歴史ファン達が戦国武将の兜に惹かれていらっしゃるようですね。
それだけ需要も高く、兜としての価値も高まっているように思いますよ。

◆まとめ
西日本を代表とする、信長・秀吉を筆頭に多くの戦国武将・大名の愛用されてきた兜が、現在でも子供(五月人形という形で)や大人たちの間で人気のアイテムとして定着しているようですね。
その分買取店でもきっと需要は高く、人気の高いものであれば価値も高まっているものと思われます。
しかし、実際のところは、ここでの人気ランニングが全てではありませんので、しっかり兜の買取査定が出来る買取店に査定してもらいその価値を確かめてみて下さね。
ここでご紹介した買取店は査定もサービスも優秀な買取店なので、兜について不安なことがありましたら、一度相談してみるといいですよ。

Menu

HOME

 TOP