星兜と筋兜について

兜と言えば戦国時代や武将の象徴ですよね。
人気の兜は買取業界でも高価買取されます。
戦国時代に多く見られた変わり兜は有名ですが、それ以前からある型で星兜と筋兜があります。
これらが変化して変わり兜になり、武将たちの象徴として表されていくのです。
数々の名だたる武将たちは皆変わり兜を身に着けていました。
そんな変わり兜の元祖、星兜と筋兜について紹介します。

◆星兜
星兜とは、平安時代の中期頃に発生した兜の一つです。
兜本体(鉢)を形成する鉄板を接ぎ留める鋲の頭を、鉢の表面に見せたものです。
鋲の頭を星と呼ぶところから星兜の名がつけられました。
平安時代には、10数枚の鉄板から成り立ち、星が大きい厳星兜(いがぼしかぶと)が大鎧に付く兜として流行しましたが、時代が下るにつれて板数は増し、星が小型化した小星兜(こぼしかぶと)に変化しました。
筋兜の流行によって室町時代前期に一時衰退しますが、戦国時代に再び使用されるようになり、それから江戸時代に至ります。
現在日本最古の星兜と推測されるのは、徳島県藍住町に伝わるもので、鉄板5枚張りで、平安時代初期の作品と考えられています。

◆筋兜
筋兜とは、日本の鎌倉時代後期から南北朝時代頃に発生した兜の一つです。
星兜とは異なり、兜本体(鉢)を形成する鉄板を接ぎ留める星を見せずに、鉄板の縁を捩り立て接ぎ目を筋状に見せたものです。
星兜に比べて軽快で軽量かつ、製作が簡易であるため、徒歩武士の胴丸、腹巻に付く兜として用いられました。
後に、大鎧にも用いられるようになりました。
鋲頭が大きい鋲を使う星兜と違って、頭が平らな鋲を使って鉢の鉄板をつなぎ合わせています。
また、しころも両手の動き制限しないように、「笠しころ」と呼ばれる横に広がった扁平型の形式が用いられました。
鉢には黒漆が塗られました。
時代が下るにつれて、より高度な製作技巧が必要になる、筋の数の多い筋兜も増えていきました。
当初は二十数枚でしたが、やがて六十数枚が一般的になっていきます。
これらは細長い鉄板を非常に多く用いるので、枚数が少ないものよりも板の重なる面積が増えていき、実質的には2枚の鉄板を重ねた事と同じになったので堅牢さが増しました。
少ないものでは十数枚、多いものでは二百枚近い鉄板が使われているものがあります。
室町時代には、阿古陀形(あこだなり)という後頭部が膨れ上がった南瓜様の筋兜が流行しました。
頑丈さに欠けたので戦国期には衰退しましたが、以降の筋兜にその影響を残していきました。
兜鉢の下部全周を斎垣(いがき)と呼ばれる装飾金具で覆い、兜の筋と斎垣に覆輪を施したものを「総覆輪(そうふくりん)」と呼びます。
筋兜の製法は多くの兜に用いられています。

買取店でも需要がある兜は時代によってどんどん変化していきました。
製法は改良されて軽量化し、デザインも様々な個性的なものがありますが、基本的な形の変化は大きくは見られません。
現在では展示されているものも多く色々な種類のものが見られますが、それぞれに武将の個性や信念などが感じられます。
買取店では古いものでも査定してもらえますので気軽に持ち込んでみましょう。
兜は海外でも人気があるので、日本の兜を取り寄せる方もいるようです。
現在では兜を自作する方も多くいるので趣味として兜が身近になっていると思います。
兜の魅力は見た目と作られた時代背景もあると思います。
お店や博物館で一度実物を見てみるのもいいかもしれませんね。
そうすれば兜の魅力を感じられると思います。
兜の買取店に売ろうと思っている方もその魅力を再確認して査定に活かしていきましょう。

Menu

HOME

 TOP